離婚協議書を作成しよう

できれば公正証書に

離婚後の生活を円滑にするためには養育費、慰謝料、財産分与など離婚に伴う金銭の問題についても、離婚届を提出する前に、夫婦で十分話し合って、決定しておくことが必要です

十分な話し合いや取り決めをしないで安易に離婚届に署名押印して、離婚後に子どもを抱えて生活費にも困るといったことのないようにしましょう



せっかく協議書を作成しても、内容的に違法なものや、公序良俗に反する内容などは意味がなかったり、無効となってしまう事があります。、協議書作成のための法律知識に自信がない方、勉強する時間が無い方、などは専門家に任せた方がよい場合もありますし、不要なトラブルを避けたりすることもできます。

公正証書の作成に関しても、公証役場に作成のために2人揃って行けない、行く時間のない方などは代理人に作成手続を任せることができます。

基本的に離婚協議書だけでは訴訟を起こす証拠にはなりますが、法的な強制力がありません。
養育費の支払いなど金銭に関する約束のある離婚協議書は、約束が守られなかった場合に裁判の手続なしに、すぐに強制執行の行える強制執行認諾条項を記載した、公正証書にしておくことをおすすめします

ただ、公正証書の作成には「支払わなかった場合には強制執行されてもかまいません」という相手の同意が必要ですので、相手が公正証書の作成に同意してくれない場合などには、最低でもきちんとした離婚協議書だけは作成しておく必要があります。口約束だけでは後になって約束自体、曖昧になってしまったり、支払ってもらえなくなってしまうということも多いです。きちんとした離婚協議書を作成しておけば最悪の場合にそれを証拠に裁判を起こして、強制執行をすることもできます。
相手が同意してくれていれば、公正証書は代理人でも作成できます

当事務所でも代理人をお引き受けいたします。


協議離婚をするにあたって、未成年の子がいる場合は親権者・養育費・面接交渉、その他財産分与、慰謝料などについて決めておきましょう

父母が協議上の離婚をする場合、未成年の子がいるときには、協議で、一方を親権者と定めなければなりません

どちらが親権者になるのかは離婚届に必ず記載しなければなりません



とくに養育費などの金銭問題に関しては、誰が、いくら、どのように、またいつまで支払うかなどを、細かく決めておく必要があります。


財産分与や慰謝料、養育費、子供との面接交渉などについて夫婦の話し合いで決めた場合は、口約束にならないよう、必ず離婚協議書を作成して合意書面にしておきましょう。

離婚後に相手が離婚の際に話し合ってきめた事を守らないときに、きちんと取り決めた事項を離婚協議書などの書面にしておかないと「言った」「言わない」の水掛け論になってしまいます。

こうした離婚後のトラブル防止やトラブルになったときの証拠のために離婚協議書を公正証書にしておけばベストですが、公正証書にしないまでも、あとで裁判を起こすときにも証拠になりますので離婚協議書だけは最低でも作成しておきましょう

離婚協議書には養育費や財産分与などについて話し合いで合意できた事項を具体的に書いておきましょう

離婚協議書は2通作成して夫婦それぞれが1通ずつ保管します

離婚協議書作成
15750円
公正証書作成代行
上記金額プラス
26250円

公証人手数料(2万円から5万円くらい)と送料は別途必要です


次のページへ

topページへ


PC版サイトへ

免責事項 当サイトの情報はすべて、あくまで一般的なものであり、利用にあたっては、ご自身の責任で行っていただく必要があります。
掲載された情報について、充分注意・確認 はいたしておりますが、情報が古くなったり、間違っている場合もあります。
当該情報につき利用者の方が損害を被ったいかなる場合でも当事務所では一切責任を負えませんのであらかじめご了承ください。