離婚に際して決めておくこと

まず未成年の子がいる場合には、親権者どちらにするかを決めなければ離婚できません。

他にも養育費について決めたり、親権者でない方の親がいつ、どうやって子どもに会うかという面接交渉についても話し合っておく必要があります。


結婚後に夫婦で築いた財産をどう分けるかという財産分与の問題

財産分与は、離婚のときから二年間が過ぎると請求できなくなります


また暴力や浮気などが原因で離婚する場合には、配偶者や離婚原因をつくった第三者に「慰謝料」が請求できることもあります。

離婚をすれば必ず慰謝料がもらえるわけではありません
離婚に至る原因として夫婦のどちらか一方に有責行為がないと慰謝料は請求できません

ですから、性格の不一致などの理由での合意の上での協議離婚の場合とか、双方に離婚に至る責任があるときも慰謝料請求は認められません

また慰謝料請求権は、三年間で時効にかかってしまいます


夫婦間の話し合いだけで解決できない場合は、家庭裁判所に調停を申し立て、家庭裁判所における調停の場で話し合いをすることになります

さらに調停でも解決できなければ、審判、裁判へと移行します


次のページへ

topページへ


PC版サイトへ